その名は杏奈

女性歌手・タレント 杏奈(あんな)のホームページです。

歌や舞台に活躍している、タレント 杏奈の活動をご紹介しています。

2017年

ノリのいい歌?!

IMG_3663

22日、23日の香取市小見川祇園祭り

ノリのいい歌を中心に、というオーダー。

普段、振られ女の歌ばかり歌っている私に、ノリのいい歌が歌えるのか…

ミスキャストにならぬよう、とりあえず、必死で歌詞を覚えてます。

気分転換

IMG_3662

日暮里マルシェにあった、明日葉のふりかけをご飯に混ぜて

お弁当♫

ご飯がほろ苦く。

大人のお弁当!!

東京に雹

15:00位に

物凄い窓や屋根を叩く音が

ドコドコして

外をみたら

ゴルフボール位ある雹が

降ってました。

頭に当たったらと考えると

ゾッとしました。

今日は朝から息苦しい一日で、

息を整えながらのお仕事でしたが、

昨日観た「FAKE」が良かったのか

「コードブルー」が良かったのか…

何とか人を保てていた感じです。

夜、やっと安らぎが。

誰がなんと言おうと、私にはこれだって物が必要なんですね。

昨日の日暮里マルシェ

昨日のマルシェ

暑かったです。

14:00から歌わせて頂いたのですが

汗が噴き出し、体がベタベタに。

けれど、発声が良くなってきたので、

力まず、ステージ中もハンカチを使わずでした。

これは大きな変化です。

IMG_3649 IMG_3651 IMG_3655

「別れ話の帰り道」は今までと文字送りを変えました。

一つ変えただけで、ミックスボイスが出しやすくなり、安心して歌えるようになりました。

ボイトレの先生の発見です。

今まで誰も気づかなかったし、作詞した私も。

灯台元暗し。

20年近くやってて、何で今まで気づかなかったんだろ?と落ち込む事が多いですが

私はこのタイミングでしか気づかなかったんだから、それを悔やんでも仕方ないから

ギリギリ気付けて良かった。

そう思ってこれからも探求していこうと思います。

IMG_3645

終わってから食べたかき氷。

シロップかけ放題だったので、レインボー風にしました。

自宅に帰ってから、まだ体が火照っていたので、水風呂へどぷーん♫

気持ちよかったぁ。

Speak like a child メンバー紹介その5

今日は来年の3/16(金)の日暮里サニーホールのプロモーションで

日暮里駅前マルシェに初参加してきました!!

全国各地の名産品や、食べ物や飲み物を楽しめるマルシェ。

そのステージで30分歌わせて頂きましたよ〜♫

これから毎月、歌わせて頂く予定です。

今日も来年の日暮里サニーホールの宣伝をしてきました。

効果があるかは今は未知数ですが、積み重ねが大切だと信じて、頑張って行きたいと思っています。

出来れば、このブログをお読みの皆さんにも、応援に来て頂けたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

さて、前置きがたいそう長くなりました。

今日はメンバー紹介の大トリ。

ギターとミュージックディレクターの関 雅樹さんです。

IMG_3628

関さんとは、ライラックスの和泉お兄さんのお店で会いました。

息子さんの「田村正和」さんが、お父さん譲りのボーカリストで、関さんは正和さんのサポートバンドリーダーとして、お店に来店していました。

正和さんのライブを観た事があって、関さんのギターがとてもインテリジェンスでエレガントだったので、記憶に残っていました。

その後、何回かお目にかかり、同世代として話がしやすく、何よりも音楽一色な生き方が、アンバランスだけれど、とても職人的で魅力がありました。

20周年を日暮里サニーホールでやりたいと思った時、女性プレイヤーをサポートバンドにしたいと思った時、相談しようと一番に頭に浮かんだのが、関 雅樹さんだったのです。

運良く、トントンとライブ日程から会場、メンバーと決まって行き、

きっと、今回はこのメンバーで船出しろという巡り合わせなのだなと思っています。

関さんの華麗なるプロフィールは

こちらをご覧ください。

関 雅樹さんのサイト

Speak like a childメンバー紹介その4

今日も東京は体がヒリヒリする暑さでした。

三連休、初日・・・

みなさんはいかがお過ごしでしたか?

さてさて

本日はベースの大関明子さんの紹介です♪

IMG_3629

ベースとアンプが巨大化しているように見える・・・(@_@;)

小柄なアキさんですが、

「アキがベースなら、バンドの音楽性は安心して!」

と、関さんのお墨付き。

大物ミュージシャンとの演奏や、

有名楽器店でベース教室の講師を務められた実績も、それを証明していますね!!

大関明子さん、よろしくお願いします!

Speak like a child メンバー紹介その3

本日はピアノの木田美由紀さんの紹介です!

「神保町のソラミレド」のアコースティックライブからピアノをお願いしています。

IMG_3627

ミュージックディレクターの関さんから、木田ちゃんはよく食べると聞いていましたが…

ライブのリハの後にハンバーグを食べたのに、ライブの一部の二部の間の休憩で(その間約一時間半)

「お腹すいタァ」と、つぶやいたのでビックリしました。

思わず、「さっきのハンバーグはどこへ行ったの?!」と叫んでしまった程です。

歌心がある木田ちゃんは、ピアノの演奏も素敵ですが、ピアニカの演奏も哀愁やら素朴な可愛さやら、色々表現してくれて最高です。

木田美由紀さんのfacebook

木田美由紀さん、よろしくお願いします!!

 

Speak like a child メンバー紹介その2

昨日に引き続き、サポートバンドメンバーのご紹介です!

今日はシンセをお願いする「菊地かれん」さん。

エレクトーンのコンクールでの受賞歴を持つ彼女。

作曲も演奏も意欲的に過ごしてて素敵です。

IMG_3626

菊地かれんさんのfacebook

今回はダブルピアノの編成。

ピアノは木田美由紀さん、そしてシンセを菊地かれんさんにお願いします。

関さん曰く、なかなかダブルピアノの編成は無いとの事です。

けれど、アコースティックな感じから、オーケストラの雰囲気まで、幅広く表現が可能なんだそうですよ!

厚い演奏をお楽しみに♫

菊地かれんさん、よろしくお願いします!

Speak like a child メンバー紹介その1

11/17(金)のラドンナ原宿

来年3/16(金)の日暮里サニーホールでは

豪華!5人編成のバンドスタイルで歌わせて頂きます。

自分のサポートバンドを持つことが、デビュー当時からの夢でした!!

今回、20周年のプレイベントを機に、夢を一つ叶えられて本当に嬉しいです。

どんなバンドメンバーにしようか、ずっと構想を練っていたのですが、私のこのタイミングでやりたいと思ったのは「女性プレイヤーでの演奏」でした。

スタンダードでは熟練の男性プレイヤーと共に演奏すると思うのですが…

最近、若い女性と仕事をするうちに、母性本能?なのか、真剣に演奏に打ち込むその姿に心打たれ、これってお客様の立場に立ってみても、同じ感動を持たれる方々多いのではないかな?と思うようになりました。

普段はバックでヴォーカルを支える彼女達に、おこがましいんですが、光を当てたいなぁと考えるようになったんです。

そんな思いから、今回、メンバーを探しました。

ミュージックディレクターの関さんを頼りに、素敵なメンバーを紹介して貰えたと感謝しています。

これから1人ずつ皆さんにご紹介していきます。

まず、トップバッターはドラムの「菜摘」さんです!!

IMG_3625

彼女のブログよりプロフィールを抜粋させて貰います。

18才からドラムをやりはじめる。
その後、音楽学校MESAR HAUSにて更に勉強し、卒業後も菅沼孝三氏に師事。
現在に至る。

好きなドラマー・バンド:
菅沼孝三先生、Dennis Chambers、Ronald Bruner Jr.、Thomas Lang、長谷川浩二さん、長井”VAL”一郎さん、村上広樹さん等。
手数多くて、ROCKなパワフルさがあるドラミングに憧れます。
GRANRODEO、Spark7(Thomas Lang ver.が特に!)、UVER World、Fragileなど。

菜摘さん、よろしくお願いします!!

首がまわらないぜよ

IMG_3623

首から肩が痛くて痛くて

鍼に行きました。

首と肩なのに、耳に置き鍼。

何だか不思議ー。

時々ここをグリグリすると

鍼してるのと同じ効果があるそう。

痛くないし、血も出ません。